datsumo

医療レーザー脱毛と光フラッシュ脱毛の違い

レーザーを使う脱毛の中でも、医療レーザー脱毛光フラッシュ脱毛が有名です。この2つには、脱毛の方法、脱毛の効果、施術する場所、の3つの違いがあります。

医療レーザー脱毛は、レーザー光線を肌に当てて、毛根細胞を破壊する方法です。もう一つの、光フラッシュ脱毛は、特殊な光を肌に当てて、ムダ毛を生えにくくする方法になります。

このように、この2つ方法の間には、根本的な脱毛方法の違いがあり、それに伴って脱毛効果にも違いが出てきます。医療レーザー脱毛は、永久脱毛ができます。対して、光フラッシュ脱毛は、永久脱毛はできません。

光フラッシュ脱毛は、ムダ毛を生えにくくすることが目的なのです。決して、ムダ毛を生えないようにする脱毛方法ではありません。光フラッシュ脱毛は、エステティックサロンで受けることができますが、医療レーザー脱毛は医療機関でしか施術ができません。

ですから、エステティックサロンでは、医療レーザー脱毛自体を実施していないのです。

白内障と緑内障はどう違うの?

白内障とはまた別の視力障害である「緑内障」。緑内障とはなんでしょうか?目の堅さというものは毛様体と呼ばれる目の圧力を調整するポンプによって保たれています。この毛様体が房水という液体を血管から眼球に送り込むことによって眼球内の細胞に栄養を補給し、それから繊維柱帯というフィルターのようなものを通って血管に戻ります。

しかしこのフィルターの機能が働かなくなると、いわゆる「目詰まり」が起こって眼圧が高くなり、神経細胞が傷つくようになります。このような状態になることを緑内障といいます。緑内障はその症状によっていくつか分類わけがされています。

コンタクトやメガネを購入する際、眼科医の事前検診を受けたとき、眼圧が高いので緑内障の検査を受けるように勧められたことがありますか?眼科医が「眼圧」を気にする理由は上記の理由によるものです。当人には自覚症状がないので、一年に一度は検診を受けるよう勧められています。

緑内障は白内障と違い、視野がせまくなっていく病気です。トラックの運転手さんなど安全運転のために広い視野が必要とされる職業に携わっている人にとっては、致命的な病気といえます。

一方、白内障は、景色がぼやけて見えたり、視力低下が現れたりするものです。強い光などのダメージの蓄積、また加齢などにより、水晶体に濁りが生じてしまうことをいいます。

病名は似ていますが、症状も原因も全く違うことがおわかりいただけると思います。どちらの病気も年配者の罹病率が高いのですが、緑内障は30代の若い世代でも発症していることが報告されています。白内障と同様に放置していると失明にいたる病気です。早期発見が最善です。自覚症状があるなら、緑内障がかなり進行している可能性があります。

家族に緑内障の人がいると、緑内障にかかる率が高いことが報告されています。また、目にけがをしたことがある人、糖尿病にかかっている人、ステロイド剤を服用している人は、定期的な緑内障診断を受けられるようおすすめします。

白髪染めの使い方

白髪染めを上手に使うには、自分の髪質を知らなければいけません。

髪質によって、染まりやすい髪と染まりにくい髪があります。
その髪質によって、どのカラーが適しているのかも違います。

一般的にいって、髪の毛が細く柔らかい、色が明るい、パーマがかかりやすい、といった髪質は、白髪も染まりやすくなります。反対に、髪の毛が太く硬い、色が黒い、パーマがかかりにくい、という髪は、白髪も染まりずらいようです。

染まりやすいか染まりにくいかで、白髪染めの色の明るさを選んでください。

また、染めるときには、室温も関係してきます。
室温が20℃以下だと、染まりにくくなります。
逆に、30℃以上だと、反応が早くなり染まりやすくなります。

室温が低い場合には、放置時間を5分ほど伸ばすと、より綺麗に染めることができるでしょう。

白髪が多い部分やフェイスラインは、染まりにくい場所といわれます。
一番最初に塗る、量を多めに塗るなどして、調整するとよいでしょう。

なんで白髪が増えるん?

白髪は、色素細胞であるメラノサイトの活動の低下が原因で生えてきます。

毛髪の色の元となるメラニン色素を作っているメラノサイトが、何かの原因で活動を低下させると、白髪が生えるようになります。では、どうしてメラノサイトは、活動を低下させるのでしょうか。

第一にあげられるのは、加齢でしょう。
一般的に、白髪は歳をとってから、生えてきます。

また、病気が原因で白髪になることもあります。病気になると、体内のエネルギーは、治癒にむかって使われます。そのために、メラニン色素を作る力が低下するのです。

あとは、ストレスと生活習慣の乱れです。睡眠不足、運動不足、喫煙、栄養の偏った食生活、ストレスなどで、血行不良になり代謝が落ちると、メラノサイトの活動も低下します。それで、白髪が生えるようになります。
白髪予防にアサヒローヤルゼリー

加齢や病気で白髪になるのは、しかたがありませんが、生活習慣と食生活を改善するだけで、白髪を防止できるかもしれません。心も体も健康な人は、歳をとっても、白髪になる時期が遅いという報告もあるのです。

乾燥肌とニキビの関係

なぜニキビができるのか。それは、皮脂が過剰に分泌して、アクネ菌や常駐菌が増加して、炎症を引き起こすからなのです。

つまり、にきびは脂質性の肌の人ができやすい。普通はそう思うでしょう。
ところが、乾燥肌でもニキビができやすいのです。

乾燥肌は、皮膚の表皮細胞の角質層が壊れて、水分が蒸発し、皮脂と汗などの水分で作られる皮脂膜がない状態のことです。皮脂膜には、肌を守るバリア機能が備わっています。ですから、皮脂がないということは、肌は無防備な状態でいることになります。そのために、肌を守ろうとして、より多くの皮脂を分泌しようとします。その結果、皮脂が多くなりすぎて、それが毛穴に詰まり、アクネ菌や常駐菌の増殖を招いてニキビにつながるのです。

このようにしてできたニキビを、「乾燥肌ニキビ」「角質型ニキビ」などと呼びます。

一般的なニキビ対策では、皮脂を取るために、脱脂力の強い洗顔料で顔を洗います。脂質性の肌の場合は、それで良いのですが、乾燥肌の人では、肌を守っている皮脂までとってしまいます。せっかくある皮脂がなくなってしまったので、補おうともっと出そうとします。皮脂を落とせば落とすほど、どんどん分泌されるので、悪循環に陥ってしまうのです。

ですから、乾燥肌でニキビがある人は、弱い洗顔料使いましょう。ぬるま湯で流すだけでも、良いでしょう。もちろん、ゴシゴシこすってはいけません。刺激を与えないように優しく洗って、化粧水などの保湿を忘れずに、乾燥を防ぎましょう。

肌が荒れる原因は便秘にある可能性もあります。
なので、グリーンスムージーを飲んでスッキリ便秘解消しましょう。

コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる食事についてかいていきましょうか。コレステロールを下げるというのはそう難しいことではないといわれています。食生活を徹底的に見直すことでコレステロールを下げていく食生活を心がけるというのが大事なことなのです。それにはどうした食生活にすればいいのかといいますと、まず栄養のバランスが取れた食事をとることが大切です。

これすてとを下げるという目的だけのために毎日野菜や魚ばかりをたべていては継続していくことも難しいといえるでしょう。またコレステロールだけにとらわれてしまうと、コレステロール以外の大切な栄養分が不足してしまうということにもなりかねません。コレステロールを下げる食事の最大のポイントというのが毎日毎食続けていくということになります。

食事療法としてはまずカロリー制限をするというのが大事なことですね。脂の量を減らすといっただけでもカロリーダウンにつながってくるのです。最後に栄養のバランスを意識した献立を作るということですね。

1日に30品目を目標として献立を考えていくようにするといいでしょう。会社に勤めているといった人の場合は奥さんにお弁当を作ってもらうようにするといいでしょう。店屋物でもかまいませんがせめてどんぶり物は注文しないようにするなどすればいいですね。できるだけ野菜が中心となっている定食などにするといいです。

また間食やお酒といったものも中性脂肪を増加させてしまうものです。ですのでこうしたものをたくさん摂ってしまうとせっかく食事で制限したカロリーもお酒などでゼロになってしまうことがあります。仮に食事の回数を減らしてしまったとしましょうか。

そうしたときには空腹のあまりにどか食いをしてしまうことで身体の中に急にエネルギーが入ることになってしまいます。結果として、コレステロールの生産スピードというものが逆に盛んになってしまうということがあるのです。ですので食事というのは三食きっちりと摂るように心がけていきましょう。特に朝ご飯はしっかりと食べるようにして、逆に夜食や遅くに食べる夕食というのは減らすようにしていくといいでしょう。

基本的なカロリー計算

痩せるためには、自分に必要なだけのカロリーを摂取し、それ以上に消費していれば確実に痩せることができます。

ダイエットをするためには、一般的には一日三食、500キロカロリー以内の食事がいいなどと言われていますが、実はそれでもカロリーオーバーになってしまう場合があります。

女性で身長が低く、一日中デスクワークをしているという方などは、一日に1500キロカロリーも消費していません。また、年齢によっても変わってきます。

ご自分の消費カロリーについては、PCや携帯サイトで、生活のタイプと年齢、性別によって簡単に判断できるサイトがたくさんありますので、一度計算してみると良いでしょう。

また、摂取するカロリーについても、カロリーごとに検索できるレシピサイトなどを活用するとうまく管理することができます。

また、外食などの場合は、カロリーが記載されているところがほとんどですので、簡単に計算できるでしょう。

一見、面倒そうに思えるかもしれませんが、身についてしまうと、自然とだいたいどの程度のカロリーを摂取しているかわかるようになってきますので、習慣にしてしまうのがおススメです。